周参見邸@永田町

アクセスカウンタ

zoom RSS 少子化雑感

<<   作成日時 : 2006/07/04 22:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

残念ながら世の中には、子供を生み育てるかどうかは自由なんて事を言う人がいます。しかし、生物の生殖能力というのは単にその為にあるのであり、子孫を残す事は「人間」以前に全生物の存在意義であります。我々には何故性的快感というものがあるのか?又、何故性的快感を求めるのか?それは単に性交→子孫を残すという事が必要だからです。私は生物学など齧った事さえありませんし、高校の科学は化学です。でも、こんな事誰でもわかる常識ですよね?
私はキリスト教徒でもイスラム教徒でもありません。ですから、子孫を残す為以外の性行為は良くない等とは断じて言いません。人間とは非常に高度な存在ですから、性交という手段を本来の目的以外に利用するという事もするのです。快感を求めるのは当然の事ですしね。まあ無理矢理といった猿のような非文化的行動をとるものは容赦せず海へ沈めるべきでしょうが。

さて要するに生物の本分は子孫を残す事なわけです。自然の枠組みの中で特殊な存在と言える人であってもこの原理原則から外れる事は有りえません。別にそれに没頭せよとは言いません。むしろそれだけに没頭すると危険です。まあ学生の本分は勉強と良く言いますが、本当に勉強ばかりやっている人なんてほぼいないのと一緒ですよ。
つまり、子供をつくるかどうかを選択する自由など地球上に存在しないのです。

前置きが長くなりましたが、ここから本題です。
先に述べたように人間が子供を生み育てるのは義務であり、当然の事なのです。しかしながら、文明があまりにも高度に発展した弊害として、義務を履行できない人が増えて来てしまっています。また国家と家族というのは社会におけるもっとも重要で基礎的な集団です。もっとも国家の重要度はその国の歴史や文化、民族構成に左右されますが。
集団には人が必要です。人がいなくなればその集団は消滅します。更に国家というものには国力が必要です。国力というものは基本的にその国の人口が基礎です。ですから子孫を残すという事は国家という巨大でかつ重要な集団を構成する国民の義務でもあるわけです。
ですから、政府は人口を維持する為にもっと有効な施策を取るべきです。
男性に育児休暇を取らせて出生率が上がると思いますか?子供を生むのは女性ですよ。母乳を与えるのも女性です。育児は女性がするものと神が決めたんです。
子供を生まなければならい女性を慌しくストレス・疲労のたまる職場に駆り出して、出生率が上がると思いますか?

控除関係に言える事ですが、会社で働きたいという女性が働くのを国家としてうんぬんは言えないでしょう。しかし、家庭で頑張りたいという女性が正常に家庭で働くのをわざわざ妨害するのはおかしいのでは無いでしょうか?
子供の近くで子供を育てるのは母親、子供は父親の背中を見て育つ。日本という国の家庭で子供を育てるシステムはこれでずっと正常に機能してきたのです。それをアメリカ人だかロシア人だかドイツ人だか知りませんが外国の考えに合わせて壊す事はありません。日本という国は世界でも有数の歴史があるのですから。

明日か明後日あたりに具体的な少子化対策を書いてみたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
少子化雑感 周参見邸@永田町/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる