周参見邸@永田町

アクセスカウンタ

zoom RSS こんな裁判官を野放しにしておいてこの国は大丈夫なのだろうか?

<<   作成日時 : 2006/09/21 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

http://www.sankei.co.jp/news/060921/sha022.htm
まあ地裁の裁判官におかしいのがいるのは分かっていましたが・・・ここまでとは。
政治に関る様々な裁判を考えるに上の裁判所程まともで下の裁判所程おかしい人が多いようです。当り前かもしれませんが。しかし下の裁判所とは言えここまでおかしい人間を裁判官にして良いのでしょうか?こんな奴に人を裁く権利は無いと思いますが。
争点は(1)教員らが国旗に向かって起立し、国歌を斉唱する義務があるか(2)都教委の通達は違法か(3)教員らは通達によって精神的損害を受けたか
らしいです。
まず(1)ですが教員かどうかに関らず全国民の義務でしょう。当然の事を当然に理解できない人が多数いる今の日本では残念ですが憲法に明記するしか無いでしょう・・・情け無い。しかし国民に法的な義務は無くても教員には義務があるはずです。上司の命令ですから。余程の理由が無い限り業務中は従う義務があるでしょう。
次に(2)ですが、この愚か者は思想と良心の自由を定めた憲法に違反するとしたらしいです。しかし、いたいけな子供達の前で間違った行動をし子供達を間違った方向に導くのが良心でしょうか?誰が考えても悪意ある行動にしか思えませんが。この裁判官は良心という言葉の意味もわからないのですかね?日本語のわからない人に裁判官をさせるのは大問題ですね。法は全て日本語ですから。即刻自ら罪を精算してこの世から消えて頂きたいものです。
だいたい職業として教師をやっている以上子供達の模範となるような行動をすべきでは無いでしょうか?プロ意識に欠けるのでは無いでしょうか?誤った思想に基づく政治活動にしか興味の無い方々は勝手に選挙にでも出て落ちて供託金没収されて無一文になっちゃって下さい。
で(3)ですが国歌斉唱国旗掲揚で精神的損害とは・・・。閉口してしまいますね。死んで下さいとしか言いようが無いです。生きる価値無いです。つか日本から出てって下さい。若干人口減りますがより多くが変な方向に流されるより遥かにマシです。イカれた人々は西の狂った国々で毛沢東万歳金正日万歳金日成万歳って叫んでて下さい。マンセーマンセー金正日将軍って歌っててもらって結構です。渡航費用位はあげますよw飢え死にするのがオチだろうけどwあ〜日教組への恨みが久々に心の奥底から沸いて来た。義務教育卒業してしばらく考えないで大丈夫だったのにな。まあ彼等は文明国家の国民たる資質を備えていないある意味可哀想な人達なんでしょうね・・・。最も情け無用ですが。害でしかありませんから。増えすぎた鹿と同じです。害虫と同じです。どんなに可哀想でもあまりにも害が大きい物には消えてもらう他ありません。
つか東京都の対応も問題ありでしょう。早急に上告すべきです。明日するだろうけど。
チンタラやったら東京都の職員の愛国心の無さが浮き彫りになりますよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日の丸・君が代::都教委敗訴>難波孝一という名前を覚えておこう!!
 なんともはや。 東京地裁で、アカ教師が国旗・国家と起立斉唱義務の有無の確認と慰謝料を請求した裁判の判決があり、東京地裁は一)起立斉唱の義務なし−日の丸君が代は戦前軍国主義の象徴であった、反対する権利は公共の福祉に反しない限り保護されるべき→義務なし 二)都教委の通達−合理的な基準を逸脱、非起立・非斉唱でも教育目的は阻却されない 三)強制された教員の精神的損害−一人三万円相当の被害認定。 ...続きを見る
佐藤 健の溶解する日本
2006/09/21 22:18
心に刻め難波孝一という名を:君が代・国旗の東京地裁判決
「国歌斉唱の義務ない」教職員の訴え認める 東京地裁判決 ...続きを見る
憂国ほにゃらら亭
2006/09/21 22:18
レイバン ウェイファーラー
こんな裁判官を野放しにしておいてこの国は大丈夫なのだろうか? 周参見邸@永田町/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン ウェイファーラー
2013/07/05 21:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こんな裁判官を野放しにしておいてこの国は大丈夫なのだろうか? 周参見邸@永田町/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる